静岡県東部<三島市>の鎌倉古道(街道)について
三島市は、富士山麓から湧き出る清水に恵まれ、市内いたるところで湧き水が見られる。三島市が作成した「平安・鎌倉古道」の解説によると、
東に箱根山麓を控え、古来は北の足柄路が利用されたが、延暦二十一年(802)正月、富士山の大噴火で足柄路がふさがり、そのため三島大社
から元山中をとおり芦ノ湖の南岸に出て箱根町へと抜ける「平安鎌倉古道(街道)」が開かれた。翌年、足柄路は復旧され再び、官道として通行で
きたのであるが箱根路は険しいが距離が短いなど便利なため多く利用されたようである。
このホームページの街道探索の道案内としてきた鎌倉時代の三大紀行文は、海道記は足柄路、東関紀行及び十六夜日記は箱根路を通ったこと
が書かれている。海道記では、「岩が根高く重なりて、駒もなづむ(難儀)するばかりなり」、十六夜日記は「・・・いと険(さか)しき山を下る。人の足も
とどまりがたし(非常に険しい山を下る。人の足も止められない急坂である)」とリアルに表現している。
江戸時代に入り、ほぼ平行した東の近距離に箱根旧道(近世・東海道)が作られると、利用する者はほとんどいなくなり、地元の人々が通るだけに
なった。(関所管理の理由からも古道の情報は出なくなったと思われる)
このため、中世の街道は人々の記憶から忘れられていたが、平成二年七月、ゴルフ場建設にあたり元山中の一部を発掘調査したところ出土品か
ら「平安鎌倉古道(街道)」が確認され、以後、三島市により復旧整備及び啓発資料の「平安・鎌倉古道」のマップ類の発行が行われている。
この鎌倉街道探索の旅は、三島市のソフト・ハード両面の成果が無ければ中断していたかもしれないので、感謝の気持を表記したい。
参考資料
〇「静岡県歴史の道・東海道」・平成6年発行静岡県教育委員会
〇平安鎌倉古道・三島市教育委員会
 
     
国分寺<三島市泉町>
伊豆国分寺に比定される以前、当寺は古くは「蓮行寺」と
いう名の真言宗の寺院であった。時期は不明ながら、慈
眼(慶長14年(1609年没)が日蓮宗に改宗したという。のち
当地が伊豆国分寺跡に比定されたことから、昭和38年
(1963年)に現在の「伊豆国分寺」と改称した。
 (出典:ウイキペディア)
  伊豆国分寺塔跡<国分寺境内>
聖武天皇の勅命により創建された伊豆国分寺七重の塔の
大伽藍の遺跡である。礎石8個が残されており塔の礎石の
一部、北半分のものとされる。塔の高さは、60m程あった
と推定されている。
 出典: <みしまっぷ>(三島商工会議所編・三島市協力)
 <十六夜日記>
 
伊豆の国府といふ所にとどまる。いまだ夕日残る程、
三嶋の明神へ詣(まい)るとて、詠みて奉る
〇あはれとや三嶋の神の宮柱ただここにしもめぐり来
 にけれ
〇おのづから伝へし跡もあるものを神は知るらむ敷島
  の道
〇たづね来て我が越えかかる箱根路に山のかひある
  しるべをぞとふ
 

*解説は右欄に掲載
   <解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
  伊豆の国府という所に宿る。まだ夕日が残る時刻に、三
嶋明神に参拝するので、詠んで奉納する。
〇いじらしいと、三嶋の神も見てくださいましょう。ただ、こ
  の宮に詣でたくて、やってまいりました。

〇伝えるべくして自然に伝えてきた歴史もあるのですから、
  神もおわかり下さいましょう。私の主張する歌道の家とし
  てのただしさを。
〇この社に尋ねて来て、私のこれから越えかかる箱根の
  難所で山越えの苦難のかいがあるようにと、道案内の
  三嶋の神様のご助力をお願いします。
     
源兵衛川<三島市>
広瀬通と交差し広瀬橋の下を流れる源兵衛川。源流は近く
の楽寿園の小浜池であるが、豊かな水量である。平成29
年7月28日、現地に赴き撮影したが、夏休み中で多くの子
供達が遊んでいた。
  「源兵衛川を愛する会」が河川清掃
や蛍の幼虫放流などの活動を行っており、美しい水環境の
親水公園が維持されている。
  鎌倉古道(街道)跡<三島市>
旧東海道の北にある広瀬通。一見すると何もない普通の
商店街の道路である。
  
     
鎌倉古道(街道)<三島市>
右上の商店街の街路灯に設置された案内板。嬉しいの一
言しか出ない。感謝
この
 看板を見付けた契機は、観光案内所で入手した<み
しまっぷ>(三島商工会議所編・三島市協力)で鎌倉古道
の表示を見付け、現地で探した結果である。
  国分寺<三島市中央町>
三嶋大社の西側にある祓所神社から西へのびる道(桜小
路)を横切る御殿川にかかっている橋が赤橋です。この橋
の欄干が赤く塗られていることから赤橋と呼ばれており、
江戸時代には駿豆五色橋の1つに数えられていました。
(駿豆五色橋…芝町の赤橋広小路の減平白旗橋、幸原
の青木橋、沼津の黒瀬橋、黄瀬川の黄瀬川橋) 
・・・三島市観光協会HP引用
  
     
広澄山圓明寺(えんみょうじ)表門<三島市>
設置の案内版によると、「伝旧樋口本陣表門」と伝わる。
門内に孝行犬の像があり、由緒の説明もあった。今年平成
30年は犬年であるので、エピソードを右に取り上げたい。
 
  孝行犬(こうこういぬ)の墓<圓明寺>
幕末の頃、番犬として母子六匹の犬が寺を守っていた。母
犬が病気になった時、子犬たちはそばを離れず、町の人
から貰った食べ物を持ち帰り母犬に与えた。母犬が死んで
も子犬たちは屍を守ったが、ついに子犬たちも死んでしま
った。寺の日空上人がそれを見て石碑を建て、人にも勝る
その純情を表彰して世の中の人の誡(いましめ)とした。
  
     
祓所神社<三島市大宮町>
この神社は浦島神社とも呼ばれ、旧三島宿裏町(浦町・現
、大宮町)の氏神として祀られてきた。毎年6月30日と12月
31日を祭日とし、禍(わざわい)から守られるよう大祓式(お
おばらいしき)を行っている。この地域は大昔、清水が湧き
出し神社は島の中にあったと言われている。地元の人はこ
の池を「はらいど」と呼び、三嶋大社の祭事に当たり関係者
が大祓を行っている場所である。
<三島市観光協会HPより引用>
  
  三嶋大社<三島市大宮町>
創建の時期は不明であるが、三島の地名の由来となった
伊豆国 一宮です。
伊豆に流された源頼朝は深く崇敬し、源氏再興を祈願し、
成功以来、武士の崇敬することとなった。
 <東関紀行>
伊豆の国府(こう)にいたりぬれば、三嶋の社の御注連
(みしめ)うち拝(をが)み奉るに、松の嵐木暗(あらしき
ぐら)く音連れて、庭の気色(けしき)も神さびわたれり。
(小略)
せきかけし苗代水(なはしろみづ)の流れ来てまた天降
る神ぞこの神

*解説は右欄に掲載
   <解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 伊豆の国府に来たので、三嶋神社の境内に参拝申し上
げたが、松に吹く風が木陰の奥に響いていて、庭の様子も
おごそこかである。

(小略)
天の川を塞(せ)きとめて苗代田へ水が流れ下ったように、
伊予国からこの三嶋に天下ってこられた神がこの神なのだ
     
三嶋暦師の館<三島市>
三嶋暦を代々発行してきた暦師河合家の家屋で、仮名暦
では日本最古といわれる国内でもいち早く木版による印刷
出版されていた「三嶋暦」の版木や資料が無料で展示され
ている。平成29年夏、現地を訪れた際、道を尋ねた近所
の方から天文台の跡地であったと教えていただいた思い出
がある。
 
<休館日:月曜日、年末年始、開館時間午前9時30分か
ら午後4時30分><三島市観光協会HPより引用>
  三嶋暦師の館への案内<三島市>
道路に埋め込めれた暦師の館まで案内する鉄製の案内版
。中央の矢印が進むべき方向を示している。三嶋大社東
駐車場角から館まで5か所程に平成15年頃に設置された
という。地元の人は地理を知っているから関心は薄いが市
外の人は評価する人が多いらしい。
(平成30年1月23日市観光課から電話取材)
 
     
願成寺(がんじょうじ)<三島市川原ケ谷>
宗派は浄土宗で、源頼朝が三嶋大社に百日祈願(ひゃくに
ちきがん)をしたときの宿舎となり、祈願成就(じょうじゅ)に
よって天主君山(てんしゅくんざん)願成就寺(がんじょうじ
ゅじ)の寺号を賜ったと伝えられている。開山は、口伝(くで
ん)に清安(せいあん)上人と言われている。
出典:駿豆線沿線地域活性化協議会HP<いずっぱこで
GO>
一番高い石柱に「古今伝授の寺」の銘がある。意味が分か
らなかった。この上に本堂があり、お参り後、堂前に関係
資料があり、撮影し持ち帰り勉強した中で、願成寺メルマ
ガが比較的簡潔にまとめられており、右に紹介したい。
  
  古今(こきん)伝授のまち・三島・その場は<願成寺>
戦国時代、三島に陣を構えた武将に東常縁(とうのつねよ
り)がいる。武将であるとともに、歌人であり国文学者でもあ
った。『古今和歌集』を研究した奥義を「古今伝授」と称し
秘伝として確立した人物である。文明3年(1471)正月、この
常縁のもとに連歌師飯尾宗祇(いいおそうぎ)が訪れ、初め
てその「古今伝授」を授かったのである。
元日本大学教授藤岡武雄先生は、
願成寺は三嶋大社歴代宮司矢田部家の菩提寺であり墓
所があること、また鎌倉古道に面していることなどを総合し
て、願成寺が最初の「古今伝授」がおこなわれた場所とし
て認定された。<願成寺メルマガから引用>
(画像は、平成29年7月28日願成寺本堂前の展示物を
撮影し、見やすくするため一部トリミングしてあります)
     
JR東海道本線を越える
<三島市川原ケ谷・加茂川町>
箱根に向かう平安鎌倉古道は一段と小高い願成寺の下を
半周する道なりに進むと、JR東海道を跨ぐ橋を進む。
 
  加茂川町バス停<三島市加茂川町>
JR東海道を越える跨線橋の、ほぼ正面に画像のバス停
がある。一日数本の便であり、右折し道なりに進むと、今
度は東海道新幹線を跨ぐ跨線橋と信号機がある交差点が
あり、そのまま直進すると旭ヶ丘団地
の中となる。  
     
三島市立山田中学校<三島市川原ケ谷>
旭ヶ丘団地の中の道は、中学の正面に進み、やや左に道
なりに進むが基本的には直進に進む。直ぐに掘割の伊豆
縦貫道を跨ぐ橋を越える。橋の周辺から民家が途切れる。
  ゴルフ練習場<三島市川原ケ谷>
伊豆縦貫道を跨ぐ橋を越えると、やがて道の右手(東)にゴ
リラの像があるゴルフ練習場がある。三島市内からは写真
の樹木の先・前方から、こちらに進んで来ることになり、

リラは木に隠れて見えないのでご注意を。
     
小沢分岐点<三島市川原ケ谷>
ゴルフ練習場の道向かいにある古道入口の<小沢分岐
点>。目印となる指導標が右のフェンスの裏にあり分かり
にくく、小さな道なのでご注意。
 市清掃センターの入口が
左にあれば、正しい道順であると確認できる。
  平安鎌倉古道マップ<三島市教育委員会作成>
マップの表紙である。中にA3サイズの地図と見所が
数か所紹介されている。平安鎌倉古道は情報が少なく
貴重な資料である。三島駅前にある観光案内所で入手することができる。
  ***三島市総合観光案内所 電話055-971-5000




 
平安・鎌倉古道について 
  扇平分岐に設置されている説明版(平成4年11月設置)及び三島市教育委員会が作成・配布されている「平安・鎌倉古道マップ」に街道の歴
史概要等が記載されているので、下記にご紹介したい。
 また、街道遺構を歩いたのは、平成29年7月27日に東部の芦ノ湖カントリークラブから下る行程の一日である。ここでは紀行文の行程に合わ
せ、西の都から鎌倉に向かう行程で進めている。箱根西坂を下から進む形で説明を試みたが撮影方向等無理があるので、西(下)から探索する
まで暫定措置として、逆の行程になっていることをご理解いただきますようにお願いします。。
復元された平安・鎌倉古道
 平安時代、箱根越えの道は。現在の長泉町・裾野市・御殿場市をとおり足柄峠を越える足柄道でした。
 延暦二十一年(802年)正月、富士山の大噴火で足柄道がふさがり、そのため三島大社から元山中をとおり芦ノ湖の南岸に出て箱根町へと抜
けるこの「平安・鎌倉古道」が開かれました。翌年、足柄道は復旧され再び官道として通行できたのですが、「平安・鎌倉古道」は険しいが距離が
短いなど便利なため多く利用されたようです。
 鎌倉時代『十六夜日記』の作者(阿仏尼)は「二十八日に三島の国府を出発。足柄越えは、遠道になるので箱根路をとおることにして、山道に
かかった」とこの道をとおったことが書いてあります。
  江戸時代に箱根旧道(近世東海道)がつくられると、この道を利用する人はほとんどいなくなり、地元の人々がとおるだけになりました。(箱根
関所以外の通行は関所破りの重罪)このため忘れ去られた街道となっていた。

平成二年七月、ゴルフ場建設にあたり元山中の山ノ神神社南側を発掘したところ、中世の古銭や銅製品、陶器などが出土し、平安鎌倉古道が
確認された。これを契機に三島市による古道の復旧及び道しるべ等の整備が行われている。
<三島市役所の資料によれば、入口から三嶋大社まで11.2q 所要時間(下り)約4時間とある>
 この古道を歩きながら平安・鎌倉時代の旅を偲んでください。
                                       平成四年十一月 三島市教育委員会
                                                              *注 緑色の普通文字は作者の加筆
     
芦ノ湖カントリークラブ&別荘地入口
<三島市字南原菅>

国道一号線箱根峠西にある箱根エコーパーキング横の
進入道路。ここから徒歩約30分程奥に鎌倉古道入口が
ある。この近くに江戸時代東海道遺構の入口があるが、更
に奥に進むことになる。
  芦ノ湖カントリークラブハウス前の案内板
<三芦ノ湖カントリークラブ内>
進入道路の正面にある案内版。古道入口へは、右から
半周し、正面に進むと別荘地入口となる。
     
案内板の拡大画像
<三芦ノ湖カントリークラブ内>
最下段であるが鎌倉古道(鎌倉街道)の案内がしっかり
されている。
  芦ノ湖高原別荘地の区画図<高原別荘地内>
進入道路をほぼ直進し、赤く「古道入口」と図示して
ある場所に向かう。ただし入口は、特色がなく、近くの
送電線鉄塔を目印にすることになる。 
     
鎌倉古道入口<高原別荘地内>
小さい案内版が道の左に設置されている。見過ごし
しやすいのでご注意を。
この下に鉄塔があり、その横を
通ることになる。
  古道<三島市佐野>
入口近くの風景。左右が窪地となっている尾根状の
安定した街道遺構。
 
 <十六夜日記>
廿八日
伊豆の国府を出でて箱根路にかかる。いまだ夜深かり
ければ、
 玉くしげ箱根の山を急げどもなほ明けがたき横雲
(よこぐも)の空
足柄の山は道遠しとて、箱根路にかかるなりけり。
 ゆかしさよそなたの雲をそばだててよそになしつる
足柄の山
いと険しき山を下る。
*解説は右欄に掲載
   <解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
  28日、伊豆の国府を出て箱根路にさしかかる。まだ
夜の暗い頃なので
 箱根の山を急いで越えて行くが、箱の蓋が開かない
ようにいつまでも明けない、横雲のたなびく空よ
 足柄路は遠いからというので、箱根路を通るのであっ
た。
 見たいものだよ。そちらの方角の雲のそびえ立つにま
かせて、疎遠に過ぎてしまった足柄の山よ。
 非常に険しい山を下る。
     
案内版(指導標)<三島市佐野>
多くの案内版が設置されており、安心できる。数が多い
ので、通し番号や距離を足していただけると利便性が増す
と思う。
  最初の林道交差箇所<三島市佐野>
中央草の部分に黒い階段の手すりがみえる。街道を掲
載しているHPは十年以上前の内容であり、草がなく階
段が見える等現況と変化していた。
 
     
街道遺構<三島市佐野>
掘割状の遺構。少し崩れています。
  街道遺構<三島市佐野>
比較的安定した街道遺構の場所もある。 
     
二回目の林道交差箇所<三島市佐野>
林道交差箇所の手前に左折の指導標があったようである
が見逃し、ガードレールで戸惑う。左右見回すも、視野の
中には交差箇所が見つからず、三島市役所に携帯電話で
教えを乞う。
  林道交差箇所の横断部分<三島市佐野>
ガードレールの内側の微かな足跡を頼りに移動すると
道がカーブした先に赤い看板を発見する。
     
二回目の林道交差箇所<三島市佐野>
林道に並行し、街道遺構があり大きく切り開かれた街道遺
構入口があった。また、林道交差点の看板の後ろに「Zコ
ース」と書かれた看板があった。
  林道交差点<三島市佐野>
入口の案内看板 
     
街道遺構<三島市佐野>
掘割状で足元に注意が必要な場所もある。
  街道遺構<三島市佐野>
檜林の中を進む広く平坦な街道遺構 
     
扇平分岐点<三島市川原ケ谷>
復元された推定平安・鎌倉古道の説明版と扇平入口
  扇平分岐点<三島市川原ケ谷>
簡易トイレと扇平入口
     
街道遺構<三島市川原ケ谷>
笹竹が作るトンネルの中の街道
  街道遺構<三島市川原ケ谷>
道案内(指導標)も多く設置されている。 
     
土の道からゴルフ場外周道路へ<三島市上元山中>
扇平を抜けるとコンクリートの階段と坂路の道となり、グラーンフィールズ CCの外周管理道路に出る。
  諏訪神社<三島市上元山中>
左の坂路から数分先にある諏訪社の境内。境内設置の
由緒によると大国主命の子である建御名方命(たけみ
なかたみこと)を祀り、「日本第一武神」の額を掲げ、崇
敬されたという。
     
山神社(やまじんじゃ)<三島市上元山中>
中央の由緒によると山をつかさどる大山祇命(おおやま
ずみのみこと)を祭神とし、山林農耕殖産に神徳があると
いう。平成二年、ゴルフ場開発に際し、この神社南面を発
掘調査し、中世時代の古銭、銅製品、漆器等が出土した
ことから忘れられていた「平安・鎌倉古道」が復元されたと
いう。
 
  関所案内図<三島市川原ケ谷>
山神社までは林間の雰囲気であるが、しばらくすると
富士山や愛鷹連峰が見えると思われる見晴らしの良い
高台に出る。しかし山中関所跡は、わかりにくい位置と
なるため、旅人の要望に応える分かりやすい案内が分
かりやすく設置されていた。
 
     
関所跡道案内<三島市川原ケ谷>
地図の上に山神社があり、下りてきた場合、ここから左に
入ると図示している。大きな矢印は、三島市内方向となる
小沢(こざわ)とあり、私には大変わかり易かった。
  山中関所跡<三島市川原ケ谷>
中央に石碑があるのみである。中世時代、大動脈の箱
根路の関所があったという。
 
     
元山中から小沢への道<三島市川原ケ谷>
二つ右上の写真の遠景に見えるビニールハウスの際であ
る。関所案内版から降りてきて右に90度向きを変えた
風景である。前方に見える森の中に向かう。
  元山中から小沢への道<三島市川原ケ谷>
左のビニールハウスから進んできた道。畑の中から林
の中の道である。この先は曲線の箇所で下がるより箱
根に向かうような錯覚を覚え、少し不安となった。
     
小沢の里付近<三島市川原ケ谷>
前方左に小沢の里への道案内が見える。街道探索も
終盤となってきた。
  終盤の街道遺構<三島市川原ケ谷>
周囲が畑となり、かなり下りてきた雰囲気。正面に鉄塔
が見え、韮山辻近くとなる。残念ながら、韮山辻で分岐
を左折すべきを直進し、かなり進んで地元の人に尋ね、
戻ったため、画像で示すことができない。指導標、道案
内もなく要注意点である。掘割の伊豆縦貫道まで行って
清掃センターがなかったら間違いとなる。
 
     
     
小沢分岐と韮山辻の間<三島市字加茂之洞>
韮山辻を左折し、三島市清掃センター入口前を通る。東か
ら西を撮影したものであるが、狭い、寂れた雰囲気である。
  三島市清掃センター入口<三島市字加茂之洞>
小沢分岐から少し東(手前)の風景。狭い道であるが、
このセンターがあれば正しい道順で、直ぐに視界が開け
小沢分岐となる。