知立市と安城市の鎌倉街道 
 
 知立市の鎌倉街道
     
知立市の西入口<豊田市駒場町下馬>
台地上から知立市に向かう街道遺構。正面の高架道路は衣浦
豊田道路で下が市道の八橋町大流交差点。 ここは平安時代
頃まで入海で逢妻男川が乱流し、洲が入り組んだ様子を蜘蛛の
巣のようだと例えた。 洲の中の地盤がよい場所を選び、対の
木杭の上に板を渡した橋が道であったようだ。 たくさんの橋を
八と例え、八橋の地名となった。
  八橋町大流交差点<知立市八橋町>
元乱流地帯も入海の陸地化、排水施設の整備で市街地化が進ん
でいる。 八橋町大流交差点の東南(写真右側)が在原業平を
慕った小野篁の娘・杜若姫が、かなわぬ想いを悲観し入水した
杜若池跡である。
注:小野篁については、十王堂(守山市)で登場している。
     
カキツ姫公園と落田中の一松<知立市八橋町>
地名の落田とは、逢妻男川の度たびの氾濫で田が崩れた所と
いう意味らしい。
 この付近は、伊勢物語で在原業平が
  
らころも つつなれにし ましあれば 
  
るばるきぬる びをしぞおもふ 
と詠んだ所とされる
  業平供養塔<知立市八橋町>
名鉄三河線踏切に面して、入口があり、奥に在原業平の墓、
供養塔」等の碑が建立されている。
業平は元慶四年(880)
五月に逝去、大和石上の在原寺に葬られた。 その遺骨
をこの地に葬り、そばに草庵を建て菩提を弔ったと伝えられて
いる。 塚は宝篋印塔の形が整っていて、室町時代初期のもの
であろうと言われている。
 <市観光協会HPより引用>
     
根上がり松<知立市八橋町>
平成28年8月25日、再調査のため現地に行き、地主の磯村
志津夫さんが作成された「しおり」とノートが根元に用意されて
いた。 その内容を要約すると
〇歌川(安藤)広重の「東海道53次名所図会」版画の40番目
 「池鯉鮒=知立」の宿<八つ橋むら>に描かれている松が
 「根上がりの松」といわれている。
〇樹齢600年、腰高幹回り2.7m、枝張東西15m、南北 12
 メートル、支える根17本、幹下の空高1〜1.3m。
〇毎日たくさんの見物人があり、「しおり」が毎日5〜6枚 持っ
 ていかれる。 メモ帳には東京や大阪の方の記録もあり、励ま
 しや お褒めもあり喜んでいる。
〇子供時代は
落ち葉拾いが嫌であった。 約40年前の大病後、
 この松のように自然に生かされていると思って、松を見上げて
 毎日を元気にしている。 残してくれた親に、感謝している。
  鎌倉街道跡の碑<知立市八橋町>
根上がり松の前にある道路が鎌倉街道である。 街道跡を記し
た石碑が道路に面して設置されている
 背面に右の写真の
十六夜日記(阿仏尼)の紀行文が彫られている

     
<十六夜日記>三河路 ー 二村山より渡津まで(2)
  八橋にとどまらむ」と人々言ふ。 暗さに橋も見えずなりぬ。 
 
<ささがにの蜘蛛手
(くもて)あやふき八橋を夕暮(ゆうぐれ)
   かけて渡りかねつる>

<十六夜日記><解説>中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 「八橋で宿を取ろう」と皆が言う。 着いた時はもう真っ暗で橋も
見えぬほどだった。 ささがにの蜘蛛の足のように八方に分かれ
て危なげな八橋を、夕暮れになりかけて、橋を渡れなかったよ。 
  在原(ざいげん)<知立市八橋町>
寛平年間(889〜897)に業平の菩提を弔うための「業平塚」が築
かれた折、その塚を守る人の御堂として創建されたと伝えられて
いる。 一時途絶えたこともあったが、文化六年(1809)に方巌
和尚により再建された。
本堂に十一面観音(秘仏)、薬師如来、業平木造がある

     
鎌倉街道案内の印<知立市八橋町>
市観光協会が掲示した在原寺前の電柱の案内。街道ファンには
嬉しい風景として大事に撮影
 
  浄教寺<知立市八橋町>
真宗大谷派の大寺で、文明十八年(1486)に蓮如上人から
下付された方便法身尊像を保持している
     
八橋山無量寿寺<知立市八橋町>
臨済宗妙心寺派の寺院。寺伝によれば奈良時代の慶雲年間
(704〜8)に(豊田市駒場町に)創建された慶雲寺が弘仁3年
(821)八橋のこの地に移され無量寿寺となったという。
・・・境内設置の案内板より引用
  八橋旧跡の碑<知無量寿寺境内入口>
この石碑は、京都の西尾家本舗社長の「西尾為治」が寄贈して
いる。 当時の住職と親交があり、この八橋の地名を御菓子の
名前にした「八橋」や「生八橋」が作られ、そのお礼に寄贈された。
・・・境内設置の案内板より引用
    <東関紀行>三河路 ー八橋にて業平の杜若の歌を思う
  行き行きて、三河国八橋(やつはし)の渡(わたり)を見れば
 在原業平、杜若
(かきつばた)の歌よみたりけるに、みな人
 乾飯
(かれいひ)の上に涙おとしける所よと、思い出でられて
 そのあたりを見れども、かの草とおぼしきものはなくて稲
 のみ ぞ多く見ゆる。
 <花ゆゑに落ちし涙の形見とや稲葉の露を残しおくらむ>
<東関紀行><解説>中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
  どんどん進んで、三河国八橋でその辺りを見ると、昔、在原業が
 杜若の歌を詠んで、それを聞いた人々が皆、乾飯(かれいい)の)上
八橋かきつばた園<知立市八橋町>
無量寿寺の境内一帯は、前に芭蕉句碑等の文化財、奥の庭園は、
かきつばたが植栽された庭園があり、春の連休中頃は多くの見学
者でにぎわっている
   に涙を落とした所だと思い出されて、その辺りを見たけれども、
 あの杜若と思われる草はなくて、稲だけが多く見える。
 <その昔、杜若の花のために泣いた涙の名残なのだろうか。 
  稲葉に露がたくさん残されていることだよ>



 安城市の鎌倉街道
     
花の瀧伝承地<安城市里町菖蒲池>
倉街道遺構は、浄教寺を過ぎ、ほぼ直線で東進している。 
市街地を抜けると、農地整備が施工され、一面が整然とした
農地で以前の姿が想像できない。 道が地中で切れており西方
から探すには少し困難である。 かきつばた会館から二本南と
なる道が写真の道路である
  花の瀧及び鎌倉街道伝承地碑安城市里町
石碑や歌碑、説明版が設置されている。しかし,左の写真のように
周囲は一面の畑で、その中に低い工作物であるため探しにくい。
竹藪等あれば、目印となるが、何もなく左の道案内を参考に探され
たい
 
     
花の瀧伝承地安城市里町
安城歴史研究第五号(1979年12月発行)に「花の瀧」考
<鈴木美保子著>が書かれており、昭和54年以前までは、写
真のような瀧が竹林の中にあったという

瀧の西側に菖蒲池があり、旅人が休憩するような場所であった
  不乗森(のらずのもり)神社 <安城市里町
由緒に「第63代冷泉天皇の御宇(967〜969)近江国坂本に
鎮座の日吉神、東宮の祭神、大山昨(おおやまくい)命を勧請し、
奉祀されたものである。
・・・安城歴史研究第五号(1979年12月発行)「花の瀧」考
  <鈴木美保子著>より引用
     
三猿(さんざる)<不乗森神社境内
旧名「不乗森日吉神社」と言われ、猿が神使とされる 
  縄文ニタ股遺跡と鎌倉街道の歌碑安城市里町
祖母神社の東の道を北に進んだ四つ角の写真。
街道歌碑は
○馬下りて 神の威徳をかしこみて  鎌倉街道 過ぎしもののふ
街道を行き交う武士たちが、馬から降りて社前を通ったという
     
宮橋と猿渡川安城市里町
里町の野を南下する猿渡川。対岸の左に里町小学校、右の住
宅地は石橋団地である。 ここは、かって湿地帯の中を道が七
曲りするように微高地を渡っていた場所のようだ。
なお右の解説の最後に猿渡川の語源について往古、不乗森神社
周囲に猿が住んでおり、その猿が川を行ったり来たりする情景
から村人達が猿渡川と呼ぶようになったと説明されている


「海道記」<解説>中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
宮橋という所がある。渡し板は朽ちて跡もない。 八本の柱は残っ
て溝の中に立っている。 心の中で昔を想像し、和歌に今の様子を
詠んだ。
 <宮橋の残る柱に尋ねよう。朽ちてから、どのくらい 絶えた
  ままでいるのか?>
  鎌倉街道と宮橋跡安城市里町
 地元町内会(里町、石橋町、井畑町)が宮橋の歴史を残すために
 設置した石碑及び説明版。 街道ファンだけでなく、住民にも貴重
 な施設と思う。 その中に、中世紀行文の一つである「海道記」
 (貞応二年=1223年)の歌が紹介されている

「海道記」四月八日、鳴海・二村山・八橋・矢矧(2)
 宮橋といふ所あり。 敷双(しきならべ)のわたし板は朽ちて跡
 なし。 八本の柱は残りて溝にあり。 心中に昔を尋ねて、
 言の端
(ことのは)に今を註(しる)す。
 <宮橋の残るはしらに言問
(ことと)はん 朽ちていく世か 
  たえわたりぬる>
 


<解説>は左欄参照
     
鎌倉街道遺構安城市里町
安城市史等では、東山中学を挟んで西側を江戸期鎌倉街道、
東側を中世の街道跡を説明しているが、農業整備事業が施行
され双方とも遺構はほとんど残されていない。 浜屋町歩道橋北
にある街道遺構(今は農道)の写真。 ほぼ鉄塔に沿う形である。
農道の前方右に東山中学がある。  鉄塔の左(南)に市北部浄水
場のタンクがある。歩道橋の西端が進入道路となっている。
  鎌倉街道遺構安城市里町
歩道橋の東側の街道筋。先の森が熊野神社(踏み分けの杜)。
北に
里町お坊主(証文山)、周辺に狐塚があった。 狐塚に
一里四方から見えるような松の大木があったが、戦時中、飛行機
の発着の邪魔になるという理由で伐採された。 (何人かに尋ね
たが、今では狐塚跡を探すことは困難である) また時期は不明で
あるが、狐塚の稲荷祠は、今は妙教寺に安置されている。
農地整備等により、街道遺構もなく農地の中の新しい道を進むこと
になる。 内外神明社の北を東南に進み熊野神社に向かう。
     
庄屋・柴田助太夫の墓<安城市浜屋町>
右上の写真のように浜屋町歩道橋北の街道遺構を東進すると
高圧線鉄塔付近から、ゆるく右に曲がって進む。 この鉄塔の
右にある田の先に柴田助太夫の墓がある墓地が見える。 先は
農業用水で行き止まりとなり用水沿いに移動して左右遠方の橋を
越すことになる。
是非、右(南)に移動し、用水傍の墓地を訪れ、庄屋・柴田助太夫
さんを偲んでみたい。
  本然山永安寺と雲竜の松<安城市浜屋町> 
曹洞宗の寺院である。大浜茶屋村の庄屋・柴田助太夫は街道の
助郷役を命じられた際、村の窮状を訴えて免除を願いでた。 刈谷
藩は延宝5年(1677)彼を死罪としたが村の助郷役は免除となった。
この免除は幕末まで続いた。 村の人々は助太夫に感謝し旧宅
跡に草庵を建立したのが始まりという。 彼の戒名である本然
玄性(ほんぜんげんせい)居士と妻の安海永祥(あんかいえいしょう)大姉に
因んで「本然山永安寺」と名付けられた。 山門の奥に、幹高1.5
mの位置から北西、南、東の三方向に伸びる枝の松があり、樹形が
雲を得てまさに天に昇る竜を連想させることから「雲竜の松」<県
指定天然記念物>と呼ばれている。・・・市設置説明版より引用
     
日吉神社安城市浜屋町
創建は明らかではない。旧東海道が参道入り口である。 大浜
茶屋の山王権現と称し、信仰広く崇敬する




  内外(ないと)神明社安城市宇頭茶屋町
旧東海道からの入り口。参道は狭いが奥行きがあり、奥の境内は
広いが、木々が少なく整地直後の雰囲気である。 案内板等なく、
創建や由緒が不詳である。
 平成28年1月28日訪問時に伊勢神宮
の内宮、外宮を勧請したので内外という名前と教えていただいた。
     
法華宗法喜山妙教寺安城市宇頭茶屋町
眼病を長らく患っていた開山日喜上人が、鎌倉街道沿いの稲荷
祠に籠り一心に法華経を読経したところ一夜で忽然と平癒した。
この驚きと喜びに意を決し、「喜徳稲荷真天」を勧請し、明治36年
自宅を志貴教会としたのが、始まり。 昭和25年10月11日当山
二世日徳上人が法喜山妙教寺を公称し昭和29年3月県知事の
認可を受け、現在に至る。 
<門前の掲示版から引用>
  熊野神社安城市尾崎町
土地の古老の話の伝聞によると、和銅の昔、豊阿弥長者が屋敷
の北に御堂を祭り、後の承久の変の頃、熊野三山の検校職(僧侶
・寺社の総取締役)良尊法師により碧海郡(今の安城市、刈谷市
など)に21箇所の祈祷所がおかれ、うち1箇所が熊野神社として受
け継がれたもの。<出典:平安鎌倉古道>

     
鎌倉街道遺構安城市尾崎町
熊野神社西側に残る鎌倉街道遺構
不乗森神社から東進してきた鎌倉街道は、この熊野神社から
東南に向きを変えていたので、神社の森を踏分の森と呼んで
いた。 また神社前を旧東海道が通っていた。 一里塚跡碑が
あるが、正確にはここから西方約70mの場所にあったという
  予科練の碑熊野神社境内
第二次世界大戦の末期、当神社の周囲(岡崎市、安城市、豊田市
にまたがる)が飛行予科訓練生の即戦力養成を主任務とする
「岡崎海軍航空隊」が昭和19年4月設置され、翌5月15日の第一
期生に始まり、敗戦までに5849名が6ヶ月の訓練を終了している。
(平成3年、新編岡崎市史)
熊野神社正面右手に設置されている予科練の碑航空隊ですが、
滑走路はなく、訓練終了生は、各実践航空隊に実務訓練生として
配備された。 (案内板の内容)(昭和61年5月建設)


 安城市南部と岡崎市西部の鎌倉街道
 
知立八橋を東進した鎌倉街道は、熊野神社(踏分けの森)で向きを変え、矢作川西部の水はけの悪い後背湿地を避けて、碧海台地の
東縁を南下し、日長神社に至り、そこで東に向きを変え東海道本線と並行し、矢作川を渡ったようだ。 名鉄名古屋本線宇頭駅の西に
ある長者屋敷跡は、平安時代以前の官道である東海道の駅屋と推定され、桝塚から名鉄本線に並行して東進し矢作川を渡り八帖町に
進んだようだが、確かなことは不明である。
上の図の緑色の道は、新編・岡崎市史(平成元年3月発行)で中世の東海道として説明され、それ以外で鎌倉街道についての記述がない
ので平安時代以前の街道として図示した。
主な参考資料
安城市域:安城市史及び「安城歴史研究第5号」(1979=昭和54年)
岡崎市域:「三河古道と鎌倉街道」(武田 勇著昭和51年9月発行)



 安城市東部の鎌倉街道
     
長者屋敷跡岡崎市宇頭町字新長者屋敷
名鉄名古屋本線と国道一号線に挟まれた一画。国道一号線尾崎
町交差点から約200m南の一画
。 鎌倉街道とは離れるが、古代
街道(東海道)の駅とする推定説がある。 チャボ井戸(長者の秘宝、
黄金のチャボが元旦の朝に鳴くと云われ、豊かな井戸水は氏神に
献じられたと伝えられる)は、平成の初期に運送会社が立地し、無く
なったという
  桝塚跡岡崎市宇頭町字楮山
名鉄名古屋本線南の一画。昭和50年代頃までは、雑草が生えた
塚があったそうだが、農地が整備され今は何もない。
手元は安城市東・西別所町境である。白い建物が長者屋敷跡の
福山通運社宅、右の緑が熊野神社の森で鎌倉街道の沿線となる。

<古代街道は、長者屋敷から桝塚にきて、名鉄沿線にほぼ平行
して東進していたという。:安城歴史研究第5号>
     
庚申塚安城市尾崎町
室町時代から江戸時代に一夜を徹して延命息災、五穀豊穣を祈っ
た民間信仰である。 今もお堂がある。 田の中にあり、入り口は
左の民家の
間にある。 位置は下左の慈恵幼稚園西側の道の延長
になる。  鎌倉街道は庚申塚の右(東)を通っていたという。
  三河万歳発祥の地安城市尾崎町
熱田薬師寺の玄海が戦乱を逃れて住み着き、漫才芸能を教授した。
万歳師は矢除けの祈祷も行い、徳川に従い、関東に赴いたことから
全国に広がった
当時の頭領が「大行日吉法印」(だいぎょうひよしほういん)であり、
位牌等から実在が確認され、墓地が「安城の三河万歳発祥の地」と
して昭和57年、市史跡の指定を受けている。 ・・・市設置案内板より

     
安城の三河万歳
江戸時代、三河の万歳師(祈祷師)たちは正月に江戸へ出かけ、
三河と縁のある武家など(檀那場:だんなば)を回るようになった。
その内容も宮中に倣った万歳に変化し、万歳師の出身地にちな
んで「三河万歳」と呼ばれた。 江戸時代後半の万歳の多くは、
家々の門や玄関先で舞う、「門付け万歳」であったが、「三河万歳」
は「檀那場」で舞う、「座敷万歳」をすることが特徴であった。
・・・写真及び文は「安城市の三河万歳」案内チラシ(安城市教育
  委員会作成)からの引用 
 <江戸風俗十二ヶ月の内正月万歳説之図 歌川周延画>
  大行日吉法印堂遺構安城市尾崎町
上の法印のお墓から50M南にある。お堂の詳細は不明である。
石碑に国指定三河萬歳始祖大行日吉法印と刻まれている。
(平成17年国指定無形文化財)
 
*注
 三河万歳の保存活動は、安城市、西尾市及び額田郡幸田町で
 行われています。
 

   
鎌倉街道跡遺構安城市尾崎町
上のお堂の東です。直ぐ先に地元の方に教えていただいた古道跡、
法印の墓、庚申塚が熊野社方面の直線上にある
  市杵嶋姫(いちきじまひめ)神社安城市別郷町
東南東に進んだ古道は、かってあった薬王寺横を西に曲がり、
市杵島姫神社前に出たようだ。 今は薬王寺がないため分かり
にくい遺構となっている。 また、ここは別郷廃寺跡でもあり、地名
の「別所町」は、大寺院の院内(境内)にあった「穢れをはらうため,
お篭(こもる)場所」を意味するとされる
 
なお、本殿横に別郷廃寺跡の礎石が見られる。
     
高木城址遺構安城市高木町
室町時代に高木宣光が移り住み、子孫は一向一揆の時には
徳川家康に味方し、関東移封に伴いこの地を去り、江戸時代
は河内国丹南藩(大阪府松原市丹南)一万石の大名になった。
矢作川西部の低湿地を望む高台に築かれている。
  日長神社<安城市山崎町>
延喜式神名帳に日長神社、仁寿元年(851)従五位とある。
     
日長神社西の鎌倉街道遺構<安城市山崎町>
別郷町から碧海台地の裾を進んできた街道は、日長神社の前を
左折(東)し、台地を下り東海道本線に並行した形で岡崎市大堀町
に向かう。




  道祖神<安城市山崎町>
前庭天神、院庭天神合祀社(岡崎市新堀町)横の東海道本線
踏切(歩行者用)を越え、二本目農道を南西に進んだ田の中に
道祖神がある。
左:をかざき 右:まちや の文字が見える。
 まちや(町屋)は岡崎市下佐々木町の別名という。 中世時代、
矢作川の洪水等による微高地が東海道本線軌道筋を蛇行して
いたと推定され、安城市と岡崎市の境界に安置されたと思われる。
 <安城歴史研究第5号>



 岡崎市西部の鎌倉街道
   
市境の道祖神からの道
安城市山崎町・岡崎市新堀町

鎌倉街道は、道祖神から北に振り前方に見える森「前庭天神社」の
西(左)の妓楼を経て森の北に進んでいたようだ。
地蔵の後ろの水路から岡崎市新堀町である。
  前庭天神社・院庭天神社岡崎市新堀町
三河国内神名帳に正五位下前庭天神、同院庭天神と記載され、
前庭天神は豊受比売大神、院庭天神に天照皇太神を奉祀して
いる。 この地は大化以前の国衙跡と伝えられ、また伊勢両宮の
河内神領の司庁と神倉があったことから、前庭・院庭両宮を奉祀
したと考えられる。・・・境内「由緒」引用
  
     
妙源寺「柳堂」岡崎市大和町字沓市場
妙源寺は、安藤氏が河内国安部野から三河国桑子に移住したとき、
聖徳太子の木像を安置するため一堂を建立したことに始まると伝え
られる。 三河一向一揆(1563年〜1564年)の際、徳川家康は本寺
に身を寄せ難を逃れた。 これにより家康から「源」の一字を与えら
れ、妙源寺と改称した。
なお、文暦2年(1235)親鸞上人が関東から京都に戻る際、桑子城主
安藤信平の願により、太子堂<柳堂>で37日間(17日や21日説も
あり)説法があったという伝承がある。 また、「沓市場」という地名か
ら矢作西宿があったのではと推測されている。

・・・明治36年国指定重要文化財
  渡城址及び鳥居氏発祥の地<岡崎市渡町>
1167年「承久の乱」の後、平氏を祖とする鳥居中務が紀州熊野
を追われ、移住して城を築いたことに始まる。
天文年間(1532〜1554年)、17代忠吉は松平宗家7代清康、
8代広忠に仕え、その子元忠〔1539〜1600年〕は家康に仕え、
1590年家康関東移封に伴い、下総国矢作城4万石へ移った。
元忠は、関ヶ原の戦いの直前、伏見城を守って討ち死にした忠臣
として名を残している。



     
渡八幡宮<岡崎市渡町>
渡し場周辺らしく渡八幡宮と書かれている




  推定矢作川渡船場跡<岡崎市渡町>
矢作川を渡る官営渡し場が設けられたのは、承和2年(853)以前
とされ、「海道記」「吾妻鏡」にも記載があるという
尾張部の鎌倉街道と同様、三河部においても古道と東海道本線
が重なる。
     
安養寺岡崎市渡町
真宗大谷派寺院
  善国寺岡崎市渡町 
浄土宗西山禅林寺派寺院。
     
能光廃寺跡岡崎市渡町 
勤労者施設元サンピア・ゴルフ練習場北側の道路を隔てた一画に
ある古代寺院・能光廃寺跡


  蓮華寺岡崎市西本郷町
名鉄名古屋本線宇頭駅の東南500mにあり、碧海台地の東端の
蓮華寺山の北側にある曹洞宗の寺院。 平安時代の古代街道が
長者屋敷・蓮華寺山(南側)・八帖・菅生と進む街道遺構とされる